ロマンスの神様(ただの根暗陰キャラ理系院生)の随想録

本を読んで思ったこと、日々生きていて感じたこと

100年時代の人生戦略!?

ただでさえ不確実性の高い現代において、就活真っ只中の私の将来の不確実性といったらもう...(錯乱)
この数週間の決断によって、今後数年(もっと?)の方向性が大きく変わるなんて!そんなことある!?

『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』
なる本が本屋さんで目についたので、迷わず購入!笑
100年時代の人生戦略だってえええええええええ!!!!!!

そりゃ読むでしょ!笑

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)


もう多くの人が内容を要約していたり、コメントを書いていたりするけど、
就活中という極めて特殊な状況下に置かれている私の方でも恣意的に簡単にまとめてみる。

***************************************************

テクノロジーや公衆衛生の進歩によって、人々の平均寿命が延びている。
これは、先進国で特に顕著であるが、一方で途上国でも同様の傾向がみられる。
『平均寿命が100年を超える』ことに伴って、世の中がどのように変容していくか?
という課題設定のもと、目に見える資産(お金)・目に見えない資産(生産性、活力、変身資産)・雇用の観点から切り込むのが本書である。


まず本書における大きなメッセージの1つは、
『教育・仕事・引退というこれまで一般的と考えられてきた3ステージの人生は終わる』ということである。
(私の理解が間違っていなければ)理由は大きく2つある。


1つ目は、65歳で引退かつ100歳まで生きると仮定すると、引退期間が長すぎるために、資金のやりくりが極めて難しくなるからである。
直感的にわかりやすいし同感だし、健康寿命も伸びているとすると、健康なのに35年も貯蓄暮らしっていろんな意味で厳しい気が...


2つ目は、変化のスピードがますます増大している現代においては、今後100年間で時代がより多くの変化を経験することが想定され、
若いうちに教育で身につけたスキルセットだけで100歳までかけるけることは不可能に近いからである。
過去100年間において、二度の世界大戦と、騎兵から核兵器への武器の進歩、グローバリゼージョンの勾留、電気、量産型乗用車、月面着陸、、、
など非常に多くの変化が発生したことを考えれば、今後より変化に富んだ時代になることは火を見るよりも明らか。
時代の変化に伴って、新しい職種(データサイエンティストとか)生まれているし、エレベーターガールはいなくなった。
したがって、必要に応じて適宜教育を受け自分のスキルセットを更新していく必要があると言える。


結論としては、変化に富んだ世の中だから、健康寿命が延びているんだから、
もっと自分のことを理解(アルケミスト風に言うと『前兆』に従って)して、自分の意思で主体的にキャリアを切り開いていこう!
そんな時代だからこそ、友人・家族・自分のスキルなどお金のように目に見えない資産も意識的に大事にしていくともっと充実感のある人生になるよ!
ということのようです。
大学卒業後旅に出たっていいし、パートナーとの相談の上で一時的に仕事を辞めて新しいスキルセットを獲得するため大学に通ってもいいし...


そうだ!なんだっていいさ!『自分ならできる!』という自信、将来の自分への投資(二度寝を我慢して英会話!笑)、『自分で切り開くんだ!』という主体性を持って、ひとまず来年四月から社会に出ようと思いました笑
自ずと最初の会社も決まった気がする笑
ファイトだ!
ちゃんちゃん。